アドバンテージホースメールマガジン
重賞競走の先行予想動画や
本命候補の動画のお届けそして
ココでしか書かない情報もメールでお届け
します。
勿論、、無料ですのでまだ登録済でない
という方はこの機会に是非!!
メルマガはこちらからご登録くださいね。

ツィッターも始めました。
よろしければフォローして頂ければ幸いです。
—————————————————————————————–

<スポンサーリンク>
——————————————————————————–

まずは人気とオッズです。


こんにちわ。
フェブラリーS2018の先行予想+出走馬予定馬分析+データ分析(消去法)です。
ここでは過去5年分のデータでこのレースの傾向を紐解いて行きます。

・1番人気の信頼性は普通
・5番人気以下は6/15
・上位人気馬が活躍するレース傾向

ここ5年の1番人気ですが

ここ5年の1番人気は1勝2着1回3着2回となっております。
信頼性は○ですね。
単勝率は20%、3連率は80%と軸としての
信頼性は○という見立てで良いかと。
13年の1番人気のカレンブラックヒルが15着に
大きく敗れております。

5番人気以下と配当傾向ですが

5番人気以下の出現がここ5年では6頭となっております。
二桁人気馬の台頭はここ5年では1頭だけになっております。
上位人気馬からチャンスのありそうな馬を狙っていく傾向かと。

枠順と血統と通過順ですが

・5~8枠で9/15
・エーピーインディ&フォーティナイナー内包馬
が強い傾向
・逃げ馬は×先行チョイ差し馬が強い傾向

こんなところですね

枠順の傾向ですが

ここ5年では外枠が有利な傾向ですね。9/15となっております。
勝ち馬ベースで行くと1.2枠から3勝しておりますので
この傾向は抑えておきたいですね。

血統傾向ですが

血統面ではエーピーインディとフォーティナイナー
内包馬が強い傾向になります。
比較的人気薄もこの血をもっておりましたので
馬柱でこれを見つけたら注意したいですね。

通過順の傾向ですが

通過順からはここ5年では逃げ馬は×の傾向になっております。
基本は先行チョイ差し馬に注目しつつチャンスのありそうな
馬を探したいですね。

最後にステップ別になります。

ここからの傾向ですが

・ここを休み明けで使う馬は4/15
・ここを距離短縮で使う馬は12/15
・前走掲示板以外の馬は3/15

ここ休み明けで使う馬ですが

ここ5年ではここを休み明けで使う馬は
4頭が馬券になっております。
いずれもG1からの参戦馬になります。
暮れのG1からのローテでも勝負になりますが中間の調整は入念に見たいところ。

他の条件ですが

ここ5年顕著に出ている傾向は前走から距離短縮
の臨戦過程で迎えるということ。
昨年こそ延長組が2席埋めましたが基本距離短縮組から
チャンスを探るのが良さそうですね。

この分析が良かったよ!思われる方は応援クリックをお願いします。
競馬 ブログランキングへ

今回は以上になります。
何かご質問があればこちらまでお便り下さいね。
お問い合わせはこちらからどうぞ

COZYでした。

—————————————————————————————–



<スポンサーリンク>
———————————————————————–