予想はこちらで公開しております。

予想は

アドバンテージホースメールマガジン
重賞競走の先行予想動画や
本命候補の動画のお届けそして
ココでしか書かない情報もメールでお届け
します。
勿論、、無料ですのでまだ登録済でない
という方はこの機会に是非!!
メルマガはこちらからご登録くださいね。

ツィッターも始めました。
よろしければフォローして頂ければ幸いです。
—————————————————————————————–

札幌記念世代別考察

こんにちわ。
この表は”過去10年世代別の成績”
になります。

このレースに相性の良い世代ですが

表をご覧いただいてもお分かりの通りに
4歳世代が4勝を挙げており中心と言えますね。

4歳世代の人気別ですが


この表からは1番人気の4歳馬は不調であることが
わかりますね。
1番人気で敗退している4歳馬は
マツリダゴッホとトウホウジャッカルになります。
いずれも得意な距離が長い方の馬になりますね。

逆に好走しているゾーン

5番人気の4歳馬は2-1-0-0とかなり
良い成績。
2勝している馬はいずれもG1ホースで
このレースを迎えるまでに凡走を繰り返して
おりましたので当日、評価を落としていた印象です。

今年のエントリーの4歳馬ですが

今年は有力どころでは
エアスピネル。レインボーラインがおります。
いずれもG1勝ちはありませんが連対はしている
実力馬になります。
さて、何番人気に落ち着きますか??

私が注目している世代ですが

今年は1番人気に支持されそうな馬は
ネオリアリズムになるかと思います。
同馬は6歳馬で遅咲きのイメージでもあります。
ですが、昨年絶対王者であるモーリスを破っても
おりますのでここも無難に走りそう。

私の注視しているもう1頭の6歳馬ですが

私が注視しているネオリアリズムと同じ6歳馬
Cですが

競馬ブログランキングへ
こちらに書いておきますね。
この馬は前走は外枠に入り全く競馬になっておりません。
今回は1回叩かれて状態はUPしております。
今年の中山記念では後のG1で好走する馬をしり目に2着に
入りました。
地力は上位ですので後は内枠に入って欲しい
ところですね。

今回は以上になります。
何かご質問があればこちらまでお便り下さいね。
お問い合わせはこちらからどうぞ

COZYでした。

—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
———————————————————————–