アドバンテージホースメールマガジン
重賞競走の先行予想動画や
本命候補の動画のお届けそして
ココでしか書かない情報もメールでお届け
します。
勿論、、無料ですのでまだ登録済でない
という方はこの機会に是非!!
メルマガはこちらからご登録くださいね。
—————————————————————————————–


<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

こんにちわ。
この表は”過去10年のオークスの1着馬を示した”
ものになります。
ご覧の通りにここ5.6年はペースを
問わずレースの時計自体が速くなっている印象に
なります。

それでは今年の傾向ですが

今年はメンバーを見渡してもこれといった
逃げ馬が不在になっております。
先行予想のところでも書いたのですが今年は
例年よりもスタミナよりも決め手が求められる
傾向にありそうな予感もします。

今年の桜花賞1~3着組はレース上がりで
どの馬も1~3位に入っていない瞬発力を
問われないレースから駒を進めてきた馬。
となると他路線からもチャンスのありそうな
馬も考慮したいところ。

これまでの戦績で良い上がりを使っている馬ですが

これまでの戦績で良い上がりを使って
いる馬から考察すると浮上してくる馬が
おります。
その馬Cですが

競馬ブログランキングへ
こちらに書いておきますね。

前走のこの馬は3着でしたがこれは権利を獲りに行くために
積極的ないつもと違う競馬をした為。
重賞で好走した時も追い込んでおり今回は陣営も瞬発力を
活かす競馬をするとのこと。
ディープインパクト産駒で今回はあまり人気になりそうに
ないですが兄弟馬は重賞馬が多数おります。
ソロソロ活躍しても良い地合いに来ておりますので
注目してみたい1頭です。

今回は以上になります。
何かご質問があればこちらまでお便り下さいね。
お問い合わせはこちらからどうぞ

COZYでした。

—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
———————————————————————–