予想はこちらで公開しております。

予想は

アドバンテージホースメールマガジン
重賞競走の先行予想動画や
本命候補の動画のお届けそして
ココでしか書かない情報もメールでお届け
します。
勿論、、無料ですのでまだ登録済でない
という方はこの機会に是非!!
メルマガはこちらからご登録くださいね。
—————————————————————————————–

<スポンサーリンク>
——————————————————————————————


こんにちわ。
日経賞2017の先行予想+出走馬予定馬分析+データ分析です。
ここでは過去5年分のデータでこのレースの傾向を紐解いて行きます。

まずは人気とオッズです。ここからの傾向ですが

・1番人気の信頼性は○

・5番人気以下は6/15

・堅い決着と波乱が入り混じるレース傾向

こんなところですね。

ここ5年の1番人気ですが2勝2着1回3着1回
と信頼性は○ですね。
やはりこの距離になると力差がハッキリと
出る傾向になりそう。

5番人気以下の台頭も1/3をようやく超える程度。
ですが、とんでもない穴馬も1着に着たりと
波乱傾向にあります。
高齢馬の台頭もありますので分析はしっかりとして
行きたいと思います。

お次は枠順・血統・通過順です。
ここからの傾向ですが

・5~8枠で9/15

・トニービン内包血統馬が強い

・4角5番手以内馬が10/15先行タイプに注目

こんなところですね。

枠順では外枠のが強いですね。
例年、小頭数に落ち着くことがありますので
枠順はフラットで考えたいところですね。

血統面ではトニービン内包血統馬が強いですね。
ウィンバリアシオンが3度、ホッコーブレーヴが
2度とリピーターになっております。
偏りがある中でトニービン内包馬は昨年を除き毎年
馬券になっておりますので今年も注目になります。

通過順からは4角5番手以内馬がかなり
の割合で馬券になっております。
直線一気型の台頭はここ5年では1頭だけですので
4角である程度の位置取りの出来る馬からチャンスを見出したい
ところですね。

最後にステップ別になります。
ここからの傾向ですが

・前走、有馬記念組は5/15

・今回、休み明けの馬は10/15

・条件戦からの参戦馬は0/15

こんなところですね。

顕著に出ている傾向は前走有馬記念組。
1/3がこのレースからのステップになっております。
特に上位入選した馬は馬券率が高いですね。

条件戦からの参戦馬はかなり部が悪いですね。
ここ5年では1頭も条件戦からの参戦馬は馬券になって
おりませんので重賞からのステップ馬からチャンスを
伺いたいところですね。
 これらを踏まえて期待したい馬Aですが